鼻の黒ずみ

鼻の黒ずみが取れた化粧品レポート

鼻の黒ずみは一度出来てしまうと、いつもの洗顔ではなかなか取れないし、鼻は顔の中央に
あるから、目立ちます。だからといってファンデーションで隠そうとすると、ファンデーションが
毛穴に詰まって悪目立ちさせてしまいます。

 

鼻の黒ずみの原因は何かというと、それは毛穴に詰まった皮脂や汚れ、老廃物といったものです。
詰まって直ぐの頃であれば、白い固まりのような状態なので、普通の洗顔でも落ちやすいし
そんなに目立ちません。
けど黒ずんでいる状態なのは、毛穴に詰まった状態が長く続いて、空気に触れ酸化して
黒くなっているので、洗顔だけのケアだと落とす事は難しいです。

 

では鼻の黒ずみには、どんなケアが良いか?というと、まずはパックです。
鼻パックで一般的なのは、シートタイプので水に濡らしてから、鼻につけるというのですが
敏感肌だとパック後にベリッと剥がすのが刺激になってしまう可能性があります。
敏感肌で鼻パックをするのであれば、シートタイプのよりかは、塗るパックの方がシートタイプ
よりも摩擦が少ないので、こちらの方がおススメです。
そしてシートタイプでも、塗って剥がすタイプでも「お風呂上り」にすると、毛穴が開いているので
より効果的に鼻の黒ずみを取る事ができます。

 

それから敏感肌だけでなく、より肌荒れを抑えて鼻の黒ずみをケアするのに、忘れては
いけないのが、洗顔と保湿・引き締めです。
鼻パックをして、そのままにしておくとパックの残りカス等が、鼻に付着したままになってしまい、
これが新たな鼻の黒ずみの原因となります。

 

だから鼻パックをした後は洗顔をして残りカス等を洗い流しましょう。
その後、開いたままの毛穴からお肌の潤いが逃げないよう、そして毛穴を小さくする為に
引き締め化粧水を使ってケアしていきましょう。

 

鼻の黒ずみケアといえばパックは直ぐに思いつきますが、その後の保湿・引き締めケアは
忘れがちになるかもしれません。
けど実は皮脂や老廃物を毛穴に詰まらせないようにする為には、パックよりもその後の
保湿・引き締めがカギとなるし、ここまですると敏感肌の方でも肌荒れしないので、
是非、忘れずに行ってください。

ニキビがしみになった

ニキビがしみになってしまったらどのように改善できるでしょうか。ここではニキビ跡のしみの原因と改善方法をご紹介します。

 

ニキビ跡のしみは大きく分けると2種類に分けられます。ひとつはニキビの炎症が悪化し毛穴周辺の毛細血管が破壊され血液がにじみ出てしまったことによっておこる紫色の色素沈着、もう一つはニキビが悪化し肌内部に大量のメラニンが作りだされ、そのメラニンが滞留したことによる茶色の色素沈着の2つです。

 

改善方法としては紫色のしみの場合、肌のターンオーバーを促してあげることが重要です。そのためにピーリングがおすすめです。肌が正常に生まれ変わればこの種類のしみは徐々に薄くなっていくはずです。茶色のしみについて言えば、紫外線によってできてしまったしみと同じようにビタミンC誘導体などの美白成分の入った化粧品が有効です。

 

ニキビがしみになってしまうのはニキビが悪化した場合です。ニキビができてしまっても早く治すことでしみになってしまうのを事前に防ぎましょう。

 

鼻の黒ずみをとるには?こちら

洗顔フォームを選ばれる際に気をつけたいポイント

大人ニキビと洗顔は切っても切り離せないほど密接な関係があります。そこで大人ニキビに悩まれる方が洗顔フォームを選ばれる際に気をつけたいポイントをお伝えします。

 

大人ニキビの多くの原因は肌のターンオーバーの乱れによる古い角質の蓄積と乾燥が考えられます。
ストレスや不規則な生活習慣などで肌のターンオーバーが乱れると、本来ならば剥がれおちなければならない角質が肌にいつまでも残り毛穴を詰まらせます。それが原因で大人ニキビができ、さらには肌が乾燥している状態だとニキビが治りにくく重症化するという悪循環になります。

 

そこでクレンジングフォームを選ぶ時には毛穴の汚れまでしっかり落としてくれる洗浄力の高いもの、さらに肌に必要なうるおいは奪わずに水分をしっかり補給してくれるものを選ぶとよいでしょう。

 

この点で優れているのがクレイ成分が配合されているクレンジングフォームです。さまざまなブランドから出ているので、いろいろ試してみるのもいいかもしれません。
dプログラム ニキビ